リサイクルインクトナーのデメリット

リサイクルトナーはプリンターを利用するユーザにとっては魅力的な選択肢の1つであるといえます。コストパフォーマンスと言う点においては非常に高い能力を持っているため、コストダウンを目的としている人にとっては有効な選択肢となっているのです。しかしながらこのリサイクル品には致命的なデメリットが存在しており、そのデメリットをどのように考えるかによって利用することができるかどうかが決まるのです。一般的な傾向としてリサイクル品を利用した場合、メーカーが困ることになります。消耗品を販売して利益を稼ぐビジネスモデルが基本ですので、消耗品を購入してもらえないリサイクル品は都合が悪い存在です。また故障のリスクを高める可能性があるため、メーカーのサポートを同じ条件で行うことができません。そのためユーザにとってはメーカーのサポートや保守契約を利用することが難しくなると言うデメリットがあるのです。

プリンターが故障した場合の対応について

リサイクルトナーを利用してプリンターを運用した場合、困ることになるとすれば故障が発生したタイミングであるといえます。もしもメーカーと保守契約を結んでいたとしても、この契約を生かすことができません。なぜならばメーカーは基本的に純正品を利用した場合を想定して契約をしているため、リサイクル品を利用した場合は、リサイクル品を使用したことにより故障した可能性が排除できなくなります。そのため修理に高額な費用がかかる場合もあるのです。またリサイクル品を製造販売している業者も、リサイクル品による故障であることを証明すれば終了してくれる場合がありますが、それを証明すると言う事はかなり難しいことであると考えざるをえません。いずれにしても故障時に苦労することになるでしょう。

リサイクル品の品質面についての基礎知識

リサイクルトナーと呼ばれる商品にも様々な種類があります。激安と呼べるほど安い金額で販売されているものもあれば、リサイクル品とはいってもそれなりの金額で販売されているものもあります。これらが同じものであるかどうかは実際に試してみなければわかりませんが、一口にリサイクル品といってもその品質には様々なレベルがあると言うことを知っておくべきです。一口にトナーといってもその品質には差があります。純正品と同じレベルで細かい粒子で美しく印刷することができるものもあれば、荒い粒子でプリンター本体を傷つけてしまう可能性のある劣悪な商品も存在しています。同じ粉であってもその品質にはかなりの違いがある場合があるということを知っておくことがリサイクル品を利用する際に必要なこととなるでしょう。